ノウハウ記事が書けない!とお悩みのあなた(と私)へ

個人起業家やフリーランスのブログには、読者の役に立つ記事を書くことが必要だと言われることがあります。
「でも、ノウハウ記事を書くのが苦手で…」という人もいますよね。
そんな方々へ、今回はちょっと心が軽くなる記事をお届けします。

「役に立つ記事=ノウハウ」ではない

読者に「役立つ記事」と興味を持って読んでもらえるのは、ノウハウ記事だけだと思っていませんか?

そんなことはありません。

自分が面白いと思ったり、参考になったと思ったりしたブログ記事は、筆者の思いを綴ったもの、筆者の経験を語ったものだった…ということはないでしょうか?

ノウハウ記事を書くことはSEO対策という意味からも必要ですが、すべて、もしくは大半をそうした記事にする必要はまったくないと思います。

よっぽど飛び抜けてユニークなメソッドでも持っていない限り、自分が書こうと思うノウハウはどこかで誰かが書いています。ノウハウは、誰が書いても同じような記事になりがちなのです。

他のブログと差別化でき、訪れてくれた読者の印象に残るのは、筆者の人となりがわかる記事なのです。

 

まずは自分が書けることを書こう

何を隠そう、私もノウハウ記事を書くのが苦手です。

「ライターとしてどうやって書いているのか、普段の仕事のやり方をそのまま書けばいいじゃないですか」とアドバイスされたことがありますが、

「どうやって…って、言葉が降臨するのを待ってるだけなんですけど…」

というわけで、自分の書き方、仕事の仕方をうまく言語化できなかったのです。
(ただし、これはひとつの思い込みでもあり、最近はノウハウに落とし込むことを始めていますが)

でも、思ったことや日々の出来事、自分の経験などは、わりとさらさらと書くことができます。

ブログのネタ出しや筆が進まないことに困っているなら、まずは何でもいいから、書けそうなテーマを書き出してみませんか?
読者の役に立つとかどうかはこの際置いておいてください。

生い立ち?
これまでのキャリア?
今の仕事を始めた理由?
誰を幸せにしたいか?
子どものこと?
ペットのこと?
趣味のこと?
昨日のランチ?

「意外といろいろあるじゃん」と思えたらしめたものです。

「続けること」第一で!

私もノウハウが書けないことに悩み、このブログの更新が長期間止まってしまっていました。
役立つ記事にしようとして、経験や出来事から無理にノウハウやマーケティング的結論に結びつけようとしてしまう→記事が途端に陳腐になる→これは公開できない…と消してしまう、この繰り返しをしばらく続けたあと、だんだんと記事を書くこと自体をしなくなってしまったのです。

一度書く習慣を手放してしまうと、また戻ってくるのには多大なエネルギーを必要とします。

何でもいいからネタ出しして、とにかく書くことを続けること。これがブログを続けるいちばん簡単な、そして大切なコツだと思います。

書き続けていると、ときどきノウハウ的なことも書いてみようかな、という気になったり、書き上げた記事が結果的にノウハウっぽくなっていたりすることもあります。

とにかく書けば、質は後からついてくる!

今日何を食べたかとか、子どもがこんなアホなことをしたとか、それでもいいじゃないですか。

1日1記事、週1記事、自分が現実的に書ける目標を決めて、PCに向かいましょう。
(スマホの方がよければ、もちろんそれでもOK!音声入力もいいですね)

私もブログ再スタートです。一緒に頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です