「こうなりたい!」を具体化して見せる言葉の使い方

今朝の新聞に、こんな本の広告が載っていました。

このタイトル、よくできていますね。

この本を読んだら(そしてちゃんと実践したら)、どうなれるかがばっちりイメージできます。

ここ数年、流行り(…ですよね?自信ないけど)のTシャツが似合う私。
しかも、ごまかしの効かない「白」を美しく着こなせる私。

それには「姿勢の良さ」「二の腕の細さ」「形のいいバスト」「ウエストの細さ」などさまざまな要素がありますが、それらのすべてを実現した姿がぱっと頭の中に浮かび上がります。

表紙のモデルさんの姿の力も、もちろんありますが。

「30日」と、目標達成までの期間もはっきり出しています。

でも、もしこの本のタイトルが「30日で骨格美人の私になる」だったら、きっと私の目には留まらなかったでしょう。

人の目を引き、心を動かすには、頭の中に鮮やかに映像が浮かぶような言葉を紡ぐことが、大切なことのひとつです。

私は昔からTシャツ似合わないのですが、この本読んで実践したら似合うようになるのかしら…。

ちなみに昨年出ている「30日でスキニーデニムの似合う私になる」という姉妹本もあるようです(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です