「在宅かぁ、私もそうしたいなあ」と言われて思うこと

私は、今日で会社員を終えます。

1週間前から有休消化に入っていたため、感覚的にはすでにフリーランスなのですが。

同じ女性で子持ちの同僚や人事の担当の方に退職することを告げ、今後どうするのかを聞かれて正直に「在宅で働くつもり」と答えると、

例外なく「いいなー、私も家で仕事したいなあ」と言われました。

そう言われて思うのは、

「だったらやればいい」

です。

私はただの事務だから、なんて言うけれど、事務経験が活かせる在宅秘書みたいな仕事だって探せばいっぱいあります。

文章書けるなんて特殊な技能があるからいいね、とも言われるけど、十数年の社会人人生の中で、私が会社員として実際にものを書いていたのなんてほんの数年のこと。

現在の主な実績と言えるものは、育休中や復職後に複業フリーランスとして積み上げてきたものなのです。

最初は、低単価でひたすら実績を積み上げるというフェーズは必要かもしれません(私もありました)。

でも「在宅いいなぁ」と思うなら、本気になれば必ず一般事務のお給料くらいは稼げるようになります。

本当にやりたいなら、ぜひ一歩踏み出してください。

私だってまだまだ発展途上ですが、本気で始めるなら本気で応援します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です