プロの力は借りるべき。でも…

最近、半年ほど続けていた整体サロン通いをお休みすることを決めました。

最初の2か月ほどは月に2回、その後は月1回ペースで通っていました。しかし今の私の状況では、このまま通っていても意味がないかな…と思ったのです。

プロの手でケアを受けても、すぐに元に戻る身体

育児の日々で感じるようになった腰痛。さらに仕事に復帰したらデスクワークで肩回りがガッチガチになり…これはちょっとプロに助けてもらおうと思ったのでした。

オズモールで評価が高い整体サロンを探し、予約。なかなかよかったので、そのまま継続してお世話になりました。

私の骨盤や脊椎がどのように歪んでいるか、それが体全体にどのように影響を及ぼしているかをきちんと説明してくれる。施術後は確実に体が軽くなり、楽になる。

プロの力を借りるって大事だな…としみじみ思いました。

でも、再びデスクワークと家事育児に追われる日々に戻ると、腰痛も肩こりもすぐに復活。

姿勢を多少は意識したり、教えてもらったストレッチをごくたまに思い出してやってみたり…はするのですが、長年蓄積された歪みは、そんな適当な日常ケアじゃどうにもならないのです。

プロによる効果を保つには、自分の努力が必要

通っていた整体は完全個室で接客もよく、施術は気持ちがよく(時々すごく痛いけど)体も楽になるし、体のことをいろいろ教えてもらえるので、月1回行くのが楽しみな場所でした。

しかし行くたびに、私の体が元の状態に戻ってしまっていることを思い知らされます。

通う前の状態がマイナスだとしたら、施術を受けてなんとかゼロになるけど、またすぐ元のマイナスに戻る。その繰り返しで、結局プラスの方向には進んでいかないのです。

そんな状況なら、私は一時の快楽のために整体に通っているに過ぎません。体をよくしたい!と思って通っていたはずなのに、これではプロの手を借りるだけムダです。

それに気づいて、整体通いをお休みすることにしました。

施術の効果を保つには、おそらくセルフケアが不可欠。

ときどきストレッチ、とかではなく、毎日10分でも15分でも時間を取って体を動かすべきなのでしょう。

私がセルフケアを習慣化できたら、また通うかどうか考えようと思ったのです。

プロの力×自分の力で、変わっていく

プロの力を借りるだけではダメだというのは、ほかにもいろいろ当てはまると思います。

例えばピアノ。週1回45分のレッスンを受けるだけでは、まったく弾けるようにはなりません。たとえ毎日5分でも、鍵盤を触ることが大切なのです。

私は現在、独立を前にして、コンサルやコーチングを受けたり、講座で学んだりする機会が増えています。

時に、プロに教わっているだけで安心してしまいそうになることもあります。でも、プロの力を得たうえで自分で動くことが、いい方に変わるため、前進するためには必要です。

今回の整体通いで、それを改めて実感したのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です